アンテナの設置方法は?

電波の強さでアンテナの種類を選ぶ

地上波放送は、その地域の山間部などに設置されたアンテナから発信される放送情報を受信して視聴します。各地域にはいくつかの電波塔があり、まずはどこに電波塔があるかを確認しましょう。そして、自宅がその電波塔からどのくらい離れているのかの電界地域を確認します。もし電波塔に非常に近いのであれば、屋内タイプの簡単なアンテナでも簡単に受信ができます。一方、離れていると屋内タイプだと受信が難しくなる可能性があります。屋外に設置する必要があり、さらにアンテナの種類も選ばなくてはいけないでしょう。販売されているからと言って、どれを取付けても良いわけではありません。まずは自宅と電波塔との関係を知ってアンテナを選ぶようにしましょう。

屋外への設置と室内への設置方法

一般的なテレビのアンテナは、屋根の上に設置されています。屋根の上はその家の中でもっとも高いところで、周りにある障害物の影響も少ないからです。ただ、素人が安易に屋根の上に上がるのは危険なので、屋根の上に設置をするなら業者に依頼した方がいいでしょう。屋外でも、ベランダなどに設置ができるなら自分でも行えます。注意は電波塔の向きです。受信する方向を電波塔に向けないと意味がありません。何となくこの方向ではなく、できるだけ正確に向けた方がよりきれいに受信できます。仮止めをしながらアンテナとテレビを接続し、どの方向だときれいに見えるかを確認しましょう。最もきれいに見えるところで固定します。室内用アンテナも、少しずつ動かしてベストの置き位置を探すと良いでしょう。

© Copyright Correct Antenna. All Rights Reserved.