アンテナはどう選ぶ?

アンテナにはどのような種類があるのか

日本のテレビ放送は、2011年にアナログ放送から地上デジタル放送へと完全移行しました。そしてアンテナについては、地デジを見る場合はUHFアンテナ、衛星放送を楽しみたいならBS/CSアンテナを設置するのが一般的です。
なおUHFアンテナにはいくつかの種類があるので、デザイン性や立地条件に合わせて選ぶことも可能です。まず一般家庭で広く利用されているのが、八木式アンテナです。魚の骨のほうな形をしたアンテナで、屋根の上に設置されるケースが多いですね。高い場所に取り付けるのが基本なので、電波を受信しやすいというメリットがあります。また、UHFには平面アンテナという壁に取り付けるタイプのアンテナもあります。建物の景観を損ねることなくすっきりと設置できることから、デザイン性を重視する方から人気を集めています。

アンテナを選ぶ時のポイント

アンテナを選ぶ時の大切なポイントは、まずは地デジ放送の電波をちゃんと受信できるかどうかという部分です。例えば住宅密集地で平面アンテナを取り付けた場合、電波をしっかり受信できずに、テレビ映りが悪くなる可能性も考えられます。まずは受信環境をきちんと考慮した上で、アンテナを選ばなければなりません。またCS/BSなどの衛星放送を受信する時には、パラボラアンテナを設置する必要があります。地デジのUHFアンテナでは、CS/BS放送を受信できません。さらにアンテナを設置する時には、テレビと繋げるためのケーブルの敷設も重要なポイントです。大家族でテレビを設置する部屋が多い場合は、ケーブルを通すラインも事前に考えておきたいですね。

© Copyright Correct Antenna. All Rights Reserved.