地デジアンテナって何?

デジタル放送を受信できるUHF方式のアンテナ

国内のテレビのシステムはすべてアナログからデジタルに切り替わっています。地上波放送も昔はVHF方式のアンテナでアナログ放送を受信していましたが、今は、UHF方式のアンテナでデジタル放送を受信するようになっています。つまり、地デジアンテナは何かという問いに対しての答えは、「デジタル放送を受信できるUHF方式のアンテナ」ということになるのです。
UHFアンテナは、実は二つのアンテナが組み合わさって成り立っています。一つは垂直偏波アンテナ、もう一つが水平偏波アンテナです。中継局によってどちらの偏波で電波を送ってくるのか異なるため、二つ組み合わせて、どちらであっても対応できるようにしているわけです。そのため、UHFアンテナと名前がついているものであれば、基本的に全国どこでも利用することができます。

いくつかの形状が存在する

地デジを受信できるUHFアンテナは、長い棒に対して垂直に短い棒が何本も横並びになっている、魚の骨のような形のものがよく知られていますが、それ以外にも円筒状のものや板状のものが存在します。いくつか形状がある理由として挙げられるのは、美観の問題です。円筒状や板状のアンテナは、あまり目立たずに設置できるので、家の美観を意識している人に好まれます。
ただ、普通とは違う形をしたアンテナの場合、一般的なアンテナと比べると電波の受信感度が落ちる傾向にあります。そのため、中継局から距離が離れている、あるいは家が山間部にあるといったときは、円形状や板状のものではなく、普通の地デジアンテナを設置した方がいいでしょう。

© Copyright Correct Antenna. All Rights Reserved.